1: 2018/06/17(日) 09:23:46.29 _USER9
     政府は6月下旬にも日本のプルトニウム保有量に上限制を設ける新指針をまとめ、国際原子力機関(IAEA)へ報告する。米国などが日本の保有量の多さに懸念を示しているためで、電力会社の間でプルトニウムを譲渡させて消費を促す。管理の厳格化は電力会社の経営を圧迫するが、国際社会からの削減圧力も強まっており、難しいかじ取りを迫られている。

     プルトニウムは原発から出る使用済み核燃料を再処理する際に生じる。核兵器…

    2018/6/17 2:00
    日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31801660V10C18A6EA3000/

    元スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529195026/

    【【原子力委】プルトニウム削減多難 国際社会が圧力、米国などが日本の保有量の多さに懸念 電力会社圧迫 】の続きを読む

    1: 2018/06/15(金) 23:45:39.28 _USER
    埼玉県教育委員会は2018年度、プログラミング教育のモデル授業を推進する。県内8小学校をモデルに、プログラミング的思考を養う授業を導入する。久喜市では小中学校各1校が地元工業高校や大学、企業と連携してプログラミング言語の習得などに取り組む。20年度の小学校での必修化に向けて実践例を蓄積し、普及させる。

     20年度から全面実施される小学校学習指導要領では、全小学校がプログラミング的思考の育成に取り組むことになる。

     「プログラミング教育推進事業」は、独自で先進的なプログラミングの授業に取り組む8小学校をモデル校に指定。算数でパソコンに手順を指示して正三角形を書かせたり、理科で自動掃除機がどのように動いているか考えたり、といった授業を実践する。

     また、久喜市立の小中学校各1校を発展的教育のモデル校に指定。県立久喜工業高校や大学、民間企業と連携し、プログラミング言語を習得・活用してロボットを製作するなどの高度な教育に取り組む。ロボットコンテストへの出場も目指す。

     実践例をホームページで公開するなどして県内の小学校に参考にしてもらい、20年度に授業を円滑に実施できるようにする。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31842840V10C18A6L72000/


    元スレ:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529073939 【【教育】小学校のプログラミング教育、埼玉8校でモデル授業 】の続きを読む

    1: 2018/04/11(水) 16:11:14.44 _USER
    携帯電話などに欠かせないレアアース(希土類)が、
    小笠原諸島・南鳥島(東京都)周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に世界需要の数百年分あることが分かったと、
    東京大や海洋研究開発機構などの研究グループが10日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

     レアアースは現在、生産量の9割を中国が占めている。
    グループは2013年、南鳥島沖の海底に高濃度のレアアースを含む泥(レアアース泥)があることを発見。
    調査船で15年までに南鳥島沖南250キロの海底(深さ約5600メートル)25カ所から試料を採取し、
    約2400平方キロの資源量を推定した。その結果、約1600万トンあると推定され、
    モーターなどに使うテルビウムは世界需要の420年分、
    液晶ディスプレーの発光体に使うユウロピウムは620年分あるという。

     採掘技術の開発も行い、レアアース泥の粒の直径が通常の泥の4倍以上あることに着目。
    特殊な装置でふるいにかけレアアース泥を抽出する方法を発明し、
    地上の実験でふるいにかけず泥をすくうより2・6倍の濃度でレアアース泥を採取することができた。

     調査した加藤泰浩・東京大教授(地球資源学)は「十分な資源量が海底にあることが分かった。
    効率的に採取できる可能性も高まり、資源開発の実現に一歩近づいた」と話している。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180411/ddm/041/040/034000c



    【【資源開発】レアアース 南鳥島海底に世界需要の数百年分 東大などのグループ発表[04/11] 】の続きを読む

    このページのトップヘ