1: 2018/05/31(木) 21:53:14.92 _USER
単純労働分野で深刻な人手不足に苦しむ日本が外国人労働者に門戸を大きく開く見通しだと、日本経済新聞など日本メディアが30日報じた。日本政府は6月に最終確定する予定の外国人労働者関連政策の方向を29日に公開した。

日本政府の外国人労働者拡大政策は2つの方向で展開する。まず、現在日本にいる技能実習生の滞在延長だ。2017年10月現在、本国の推薦を受けて日本に来ている技能実習生は約25万人。現制度によると、技能実習生は最長5年まで日本で研修を受けることができるが、研修期間が終われば本国に帰国しなければならない。このため人手不足に苦しむ日本企業から不満の声が出ていた。このため日本政府は2019年4月以降に実習が終了した実習生を対象に最長5年間の追加就労資格を与える方針だ。

技能実習制度とは別に道路建設と農業、介護、宿泊、造船業の5つの分野で外国人労働者を新たに受け入れる「特定技能評価試験」制度も新設される。日本語と技能評価が含まれたこの試験を通過した外国人労働者に最長5年間の日本就労資格を与える制度で、2019年4月の施行が目標だ。

通常、N1(最高)-N5の5段階で評価される日本語能力試験の場合、合格基準を「N4以上」とするが、建設と農業分野は「N4水準も要求しない」というのが日本政府の方針という。N4は「300時間ほどの学習で到達できる日本語能力」で、言語問題による日本就職の壁を少しでも低めるということだ。

技能実習生の滞在期間延長、特定技能評価試験制度の導入を通じて2025年までに50万人を超える外国人労働者の就労を受け入れ、日本社会の深刻な人手不足に対処するというのが日本政府の目標だ。日本政府の分析によると、2025年に建設分野では78万-93万人、農業分野では4万6000-10万3000人の人手不足が予想されている。

日本経済新聞は「これまで日本の外国人受け入れ政策は、治安面などへの配慮から高度な専門知識を持つ外国人に限定してきた」とし「日本経済が直面する深刻な人手不足を背景に、単純労働分野における外国人への事実上の門戸開放に踏み切る」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/848/241848.html



100: 2018/06/01(金) 01:07:26.11
>>1
役所の手続きを日本語で出来る奴だけにしろ
せめて

156: 2018/06/01(金) 12:12:47.27
>>1
日本語出来ないのに
どうやって介護、建設、農業で仕事教わるのか疑問

184: 2018/06/01(金) 15:20:49.71
>>1
工事現場で事故頻発
ますます人が逃げて行くパターン?

それとも言語別にチームを作って
母国語で仕事が出来る環境にするとか

4: 2018/05/31(木) 21:55:25.45
カタコト程度の日本語能力で建設現場で働くとかあぶないよね

43: 2018/05/31(木) 22:55:30.48
「外国人技能実習制度」の期間延長ですやん。
「単純労働者の受け入れ」・・・・・というのとは少し違うわな。

65: 2018/05/31(木) 23:37:08.38
自民党というより経団連だろ。移民を大量に入れようとしてるのは。

88: 2018/06/01(金) 00:18:58.86
日本で日本語が通じなくなりそう

90: 2018/06/01(金) 00:24:16.32
>>88
そうかもね。地域によって。

142: 2018/06/01(金) 10:43:55.25
いつの間にか、猫の手でも良いと言い出しそー





投稿者コメント:欧州の現状を見て学ぶべきです。言語が違ったり文化が違う方を受け入れると、それに対応するために社会コストが増えます。もちろんその社会コストは私達の税金で賄われます。 企業は低賃金の労働者を確保できて利益が出ますが、被雇用者の平均賃金は下がります。 言葉は教えればいいとおっしゃる方も居るでしょうが、中高6年間英語を勉強しているはずの日本人が大して英語が出来ない事実を忘れてはいけません。かならず日本語ができない方が増えます。 いずれリアルタイム翻訳の技術が進歩して言語の壁を容易に超える時代が来るかもしれませんが。